30代もがんばります。


by hitomi_aaa

ヘルパンギーナ

お子サマ、ヘルパンギーナというウィルス性咽頭炎にかかってしまいました。

先週の月曜日ぐらいから微熱気味で、金曜日に39度の発熱。
病院でシロップの解熱剤をもらうも、効かず、そのうちシロップ自体
も飲まなくなってしまい、土曜日の夜に昭和大学病院のこども夜間救急室で受診。
座薬と抗生剤をもらって帰ってきました。
それでもやっぱり熱が下がらず、泣き続けていたので、日曜日の夜に再度救急をあたりました。

しかし・・・

昭和大学病院→重症患者で手いっぱいのため、受け入れ拒否
都立広尾病院→電話で症状を伝えると「大丈夫だから明日受診してください」と断られる
東邦大学病院大森→「来てもらってもいいけど、混んでるので1時間以上待つかも」と言われ断念。

ま、確かに水分もとれてたし、痙攣とかしてたわけじゃないし、重症じゃなかったんだと
思うけど…。でも、救急の人で不足って本当なんだなぁと思うと、本当にいざというときに
大丈夫なんだろうか…と心配になってしまいました。

とりあえず、朝まで寝ずの看病をして、近所のかかりつけに駆け込みました。
そこで初めて、「ヘルパンギーナの明らかな所見があります」と言われました。
高熱が数日間続き、喉に水泡ができてかなり痛い、ということ以外はそれほど
悪さをする菌ではない、ということなので、やはり薬を飲んで様子見ということに。

とりあえず今は熱がさがったのでほっと一安心なところだけど、
まだ喉が痛いみたいでぐずるぐずる。お子サマもぐったりだけど、両親もぐったり。
はやく元気に笑って遊ぶ姿が見たいです。
[PR]
by hitomi_aaa | 2010-08-31 10:16 | 育児