30代もがんばります。


by hitomi_aaa

出産体験記① 陣痛が来た!

11月4日、定期健診にて病院へ。もう予定日を2日もすぎているのに
まだ自覚できる陣痛などの兆候はない。私の担当医はとってもとっても忙しい人なので、
常にかなり長い時間待たされるのだが、 この日も3時間以上待った。
ようやく診察室に入れるも、診察の 結果はとっても曖昧なものだった。

先生「ようやくすこーし赤ちゃんが降りてきましたね」

私「少し・・・ですか。まだ生まれませんかね?」

先生「うーん、まだかかるかなぁ。来週まで生まれなくてもおかしくないし、明日陣痛がきても、
   それはそれでおかしくない」

私「・・・」

長い待ち時間ですっかりくたびれた私は、重い足取りで帰路につく。
途中、なんだかお腹が痛くなってきて、具合が少しずつ悪くなる。
大きなお腹で長時間外出したせいだろうと思い、家について すぐベッドへ。
休憩したら治まってきたので、その後も夕飯をつくったりしていつもどおりの生活。

就寝して明け方の4時頃に目がさめる。お腹が張る感触。
陣痛かなぁと思いながら、時計とにらめっこ。
15分~20分の間隔でお腹が張る。陣痛かもしれない。
ゴソゴソしていると隣で旦那が目をさまし、「大丈夫?」と 声をかけてきた。
「お腹イタイ。来たかも。」と答える。

6時まで待ってみてから、病院に電話。
明るい助産師さんの声に緊張がほぐれる。痛みの間隔が 一定しなかったので
もう少し待ってみましょうとの事。 再びベッドへ。
でも旦那は既にソワソワ状態。会社を休んでも いいようにと、
起き出してデスクに向かい、PCで仕事の調整を始める。

7時。陣痛は遠のかないので、再度病院に電話。
病院に行くなら、旦那のいる今がいいだろうと思い、助産師さんに相談の上、
病院に向かう事に。

この段階では痛みも弱く、余裕の状態。
むしろ、ようやく 出産できる、ということにホッとしていたかも。

産科病棟に着くと、すぐに助産師さんがお迎えに。
診察室でお腹の張りを測定。5分~10分に一度の陣痛がきている、
とのことで入院決定。LDRにうつされる。

>つづく
[PR]
by hitomi_aaa | 2009-12-28 01:32 | 育児